離婚問題に迫る|夫婦の溝はプロの法律家が解決

スーツ

子供の親権問題

男性と女性

親権が認められる要件とは

離婚する夫婦の間に未成年の子供がいる場合、どちらがその子供の親権を持つかで揉めてしまうケースがしばしばあります。夫婦関係を解消して別々の人生を歩むことについては合意に達していても、親権問題に決着がつかないという理由で離婚することができずにいる夫婦が実際にたくさんいます。大阪には、離婚トラブルの対応を専門に行っている弁護士がいますので、大阪に住んでいる人がそのような問題を抱えて困っている場合は、一度相談に行ってみるようにした方がよいです。専業主婦が離婚する場合、経済力がないという理由で親権を取ることができないのではないかと心配する人が少なくありません。しかし、子供がまだ幼い場合は、母親側が親権を獲得できる可能性が高いです。親権を夫婦のどちらが得るかを決める場合は、子供の健全な生育に資することができるかどうかをまず第一に考える必要があります。離婚時における経済力の有無だけでは判断しきれない部分が大きいので、簡単に諦めてしまう必要はありません。

子供の養育

夫婦は離婚してしまえば全くの他人同士になりますが、親権の有無に関係なく、親と子の縁が切れてしまうことはありません。たとえ離れて暮らすことになったとしても、親として自分の子供を養育する義務を負い続けることになりますし、子供の養育に積極的に関わっていく権利も持ち続けることになります。離れて暮らす子供の養育義務を果たす方法の1つに、養育費の支払いがあります。一方、子供の養育に関わっていく権利を実現する方法には、面接交渉権があります。残念ながら、養育費の負担を拒否する人や、面接交渉権の行使を妨害する人がいるのは事実です。しかし、先程も述べたように、大阪には離婚トラブルの対応を得意としている弁護士がいますので、頼りにすることができます。大切な子供の将来がかかっている問題ですから、大阪にいる人が離婚後の子供の養育問題で悩んでいる場合は、弁護士の力を積極的に利用することをおすすめします。

人権問題に詳しい専門家

裁判所

様々な労働問題が人々を苦しめることがあります。時には、給料不払いや不当解雇といった重大な事例もあります。そのような時は、決して泣き寝入りしないことです。弁護士を味方につけて戦うことです。弁護士の知り合いがいなければ、地域の弁護士会の無料電話相談を利用するのが良いでしょう。

View Detail

家庭裁判所で行う離婚とは

男女

離婚調停は、協議による離婚が成立しなかった時の方法で、住所のある地域の家庭裁判所に申し立てをして、調停員会を通して話し合いを進め、合意に達すると離婚が成立します。最近は子供も同席させられるようになり、様々な点で改善が見られるようになりました。弁護士をつけることで有利にことが運ぶこともあります。

View Detail

不動産登記はプロにお任せ

女性

この頃では埼玉でも、親の家を相続した場合に相続登記を自分で行う人が増えてきています。しかし仕事を持ちながら法務局にたびたび出かけていって登記手続きをやり遂げるには、心身ともに多大なエネルギーを必要とします。不動産の登記はそのスペシャリストである埼玉の司法書士に依頼するのがおすすめです。

View Detail